ハワイ島 カイルアコナで 「フリヒエ・パレス」見学!ハワイ島の歴史を知る。

ハワイ島 コナ フリヘエ・パレス 

コナの街をふらりと散歩していたら目に止まった、
「フリヒエ・パレス」に入ってみることにしました。

入場料は$10
入場料は建物の左側奥にある売店にて購入します。

英語の約1時間のガイド付き。

とても素敵な調度品などがあり写真を撮りたいところですが、
残念ながら内部の写真撮影はNGです。

ハワイ島 コナ 

フリヒエ・パレスの向かいに建っている教会。

モクアイカウア・チャーチ
1820年に創始されたハワイで初めてのプロテスタント教会。

 

フリヒエ・パレスの簡単な説明

ハワイ島 コナ フリヘエ・パレス

フリヒエ・パレスは、1838年にカメハメハ大王の義弟、
ハワイ島二代目総督ジョン・アダムス・クアキニが建てたお屋敷です。

カラカウア王が夏の別荘として使用するようになってから、
宮殿と呼ばれるようになりました。

カラカウア王により、フリヒエ・パレスの大改装が行われ、
ベランダの拡張、外壁は土壁、内装は漆喰に変わりました。
天井は王冠の模様が金箔でほどこされ、クリスタルのシャンデリアも吊り下げられきらびやかになる。

クヒオ・ルームと呼ばれる部屋には、
カラカウア国王が使っていたコアの木一枚板で作られたダイニングテーブルがあります。
直径はなんと1.75m。
食器棚もコアの木を使った手作りのもの。

ビクトリア朝の家具やアンティークの食器は今では希少なコアの木を使ったもので、
家具の装飾もすばらしく一見の価値あり。

 

 フリヒエ宮殿に住んだ人々

  • 1838年:ハワイ島2代目総督のジョン・アダムス・クアキニが建てる
  • 1844年:養子のウイリアム・ピット・レレイオホクに譲られるが数ヶ月後に亡くなり、妻のルース・ケエリコラニ王女に遺される

後継者がなかったので

  • 1883年:従妹のバーニス・パウアヒ・ビショップ王女に遺される
  • 年代不明:国王のディビット・カラカウアが購入
    国王の未亡人カピオラニ女王に遺される
  • 1899年:甥のジョナ・クヒオ・カラニアナオレ王子とディビッド・カワナナコナ王子が相続
  • 1914年:バスシェバ・アレン夫人に売却される

 

1925年「ドーターズ オブ ハワイ」が歴史館として、
フリヒエ・パレスを自主管理するということでハワイ準州政府が買い受け現在に至る。

現在は歴史館として公開されており、古代ハワイの美術文化財や19世紀のハワイ王朝ゆかりの品々が展示されています。

 

海側から見た建物

ハワイ島 コナ フリヘエ・パレス

約1時間、詳しい説明がありますので、歴史好きで時間に余裕のある人はガイドツアーの参加をおすすめします。

ただ、英語が得意でない私(汗)には、1時間の説明はとてもとても長く感じました。

 

裏庭から海を眺めていると、
大きな客船が入港してきました。

ハワイ島 コナ フリヘエ・パレス

ハワイでは本当にゆっくりと時間が流れていきます。

のんびりしすぎて、ハワイ島に1週間もいたら二桁の計算ができなくなるとか・・・。(笑)

 

75-5718 Alii Dr, Kailua-Kona, HI 96740

ハワイ島 コナコーヒーベルトドライブ〜。ドトール・コーヒー農園見学!

ハワイ島 コナ コーヒーベルト ドトール農園

UCCのコーヒー農園見学に続いてドトール農園にも行ってみました。
この看板が目印です!

ドトール・コーヒー農園はコーヒーの木だけでなく、
お花畑を散策できる素敵な農園。

ハワイ島 コナ コーヒーベルト ドトール農園

ドトール農園の駐車場に車をとめて、入園料1人$5を無人の料金ボックスに入れてから入園します。

ハワイ島 コナ コーヒーベルト ドトール農園

ドトールの農園に入ると、カラフルなお花が出迎えてくれます。

ハワイ島 コナ コーヒーベルト ドトール農園

コーヒーとお花が好きなら絶対に楽しめます。

ハワイ島 コナ コーヒーベルト ドトール農園

噴水やガゼボがあったりしてワクワクします。

ハワイ島 コナ コーヒーベルト ドトール農園

ガゼボは可愛い椅子が置いてあったので座ってみると
ゆらゆら揺れて気持ちよかった〜。

ハワイ島 コナ コーヒーベルト ドトール農園

このまましばらくここで休憩したいと思いました。

 

お花のコーナーを過ぎると、コーヒーが無料でいただけるように椅子とテーブルが用意されています。

 

インフィニティプールがあり、空の青とプールの水色が一体になっていてここの景色は最高〜。

ハワイ島 コナ コーヒーベルト ドトール農園

ここではコーヒーのサービスと蜂蜜の味見をさせてもらいました。
(蜂蜜はほんのちょっぴりでしたけれど美味しかった)

コーヒーのお話をしてくれるのでしばしお勉強タイム。

 

ハワイ島 コナ コーヒーベルト ドトール農園

コーヒーなどの販売もされていたのでお土産を買うのもいいですね。

 

ここまで、随分下って来ているので帰りは坂道を登っていかなくてはいけません。

でも、心配しないで大丈夫。
帰りはバスで駐車場まで送ってくれますよ。

ハワイ島 コナ コーヒーベルト ドトール農園

私たちは、ゆっくりとコーヒーの木を横目に見ながら体力作りのために歩いて駐車場まで戻りました。

というより、ハワイに来てから料理の量が多くて食べ過ぎ。
体が重くなって来ていたのでカロリー消費のために歩きました。(笑)

 

*ドトールコーヒー農園情報

ハワイ島 コナ コーヒーベルト ドトール農園

HISの焙煎ツアーが現地であります。
ホテルや宿泊施設までお迎え送迎付き。

コナの街の散策まで付いています。
少々お高いですが、レンタカーを借りていないならツアーが便利かな。

ドトール農園までのドライブ映像です。

ドトール農園ホームページ

75-5476 Mamalahoa Hwy, Holualoa, HI 9672

 

農園見学の営業時間
9:00~16:00
15:00までに入園

ハワイ島 コナ コーヒーベルト「UCC HAWAII」でコナコーヒーの焙煎体験!

ハワイ島 UCCコーヒー焙煎体験 コーヒーベルト

ハワイ島といえば、コナコーヒーですよね。

コナコーヒーの歴史を少し。
コナコーヒーが現在あるのは日本人がいたからなんですって。

えっ?知らなかった〜。

コーヒーの木がハワイに上陸したのは1825年。

当時オアフ島の統治者ボギという人が、ブラジルからコーヒーを持ち帰ったのがハワイコーヒーの始まりだそうです。

しかし、オアフ島でのコーヒーの栽培は気候が合わず残念ながら失敗に終わります。

オアフ島の農園からハワイ島にコナコーヒーの木を1828年にキリスト教の宣教師が観賞用として持ち帰ったそうな。

オアフ島では栽培できなかったコーヒーの木でしたが、
コナの気候がコーヒー栽培に適していたようですくすくと成長し、
数年後にはコナ一帯がコーヒーの木だらけになったのだとか。

すごいですね〜。
コーヒーの木だらけって!!

それを知ってコーヒーでひと儲けしようという人が続出
しかし、手間がかかるコーヒー栽培。
どの農園も成功することができず、コーヒーより儲かるサトウキビ農園に変わっていきました。

変更したサトウキビはハワイの土壌と気候に適さず失敗。
ポルトガル人や中国人の農家は新しい土地へと移って行ったそうな。

しかし・・・

みんなが逃げ出したコナに残ったのは移民の日系人。
粘り強くコーヒーを育て続けます

1910年頃にはコナコーヒーの8割を日本人農家が作るようになりました。

すごい。日本人は粘り強いのね。

コナのコーヒー物語を知ると、
ハワイ島のコナコーヒーがとても愛おしくなりませんか?

 

UCC農園でコナコーヒーの農園ツアーと焙煎体験

ハワイ島 UCCコーヒー焙煎体験 コーヒーベルト

コナのコーヒー農園でも焙煎体験ができるのはUCCだけ。
(ツアーのみドトールでもやっています)

UCCのコーヒー焙煎体験は、自分の好みにローストできるんですよ。
コーヒー通の人には嬉しいのではないでしょうか。

焙煎体験には予約が必要です。
日本語で予約が取れますので電話で予約します。

焙煎体験の所要時間は1時間弱。

 

*農園ツアー

焙煎体験をする前に、農園ツアーがありコーヒーが収穫できるまでのことを教えてもらいます。

私たちが訪れた時にはお花がほとんど咲いていなかったのが残念でした。

コナコーヒーの花はクチナシのお花に似た、白くて可愛いお花。
コーヒーのお花の寿命はたったの3日とか。

ハワイ島 UCCコーヒー焙煎体験 コーヒーベルト

コナのお花は1月から5月までバラバラと咲くそうです。
お花が咲く時期がバラバラということで、収穫もバラバラになってしまうそうです。

ヘぇ〜そうなんだ。
と聞き流してしまうところですが、バラバラに咲くために収穫もバラバラってこと。

収穫は8月から1月頃と長期に渡ります

一斉に咲かないので機械を使うことができません。
赤くなった実を一つずつ手で摘んで行くそうです。

広大な土地の収穫作業。暑い中で行うので大変。
コナコーヒーが貴重なのがわかりました。

 

*コーヒーの焙煎体験

さて、いよいよ焙煎体験です。

コーヒーをどのような焙煎具合にするか最初に決めます。

私は、一般的に売られているミディアム焙煎にすることにしました。
冒険しません。(笑)

主人は、ライトな焙煎に。
軽く焙煎することで、酸味のあるコーヒーになります。

ちなみにスターバックスなどのコーヒーは深煎り。

 

焙煎するにあたって、火傷などの危険性があることを理解しました。
ということで署名をします。

いよいよ焙煎です。
生の豆は緑色がかっていますね。

ハワイ島 UCCコーヒー焙煎体験 コーヒーベルト

それを焙煎の機械に投入。

体験用の小さな焙煎機 ↓↓↓

ハワイ島 UCCコーヒー焙煎体験 コーヒーベルト

 

しばらくすると、パチパチという音がし始めます。
音が静かになると煙が出始め、コーヒーの香りがしてきました。

主人は軽めの焙煎なので、豆の色を早めにチェックしながら煎り具合を見ていきます。よく観察していないと、すぐに豆の色が変わってしまうそうです。

好みのところまできたら豆を取り出し、急冷。
ここで、素早く冷まさないと焙煎が進んでしまうので扇風機を使って手早く冷まします。

私は、少し濃い色になったところで取り出して冷ましました。
違う煎り具合なので飲み比べが楽しみです。

出来上がった豆はそのままか挽いてくれます。
わたしは、2袋のうち一つを挽いてもらいました。

右側は主人のもの。
軽めのローストなので色が薄めです。
どんなお味になったのか気になりますね〜。

ハワイ島 UCCコーヒー焙煎体験 コーヒーベルト

コーヒーを入れるパックには、二人の写真と日付を書いたラベルを作成してもらえます。
とても記念になりますよ〜。

私たちは結婚記念日が近かったのでアニバーサリーのラベルにしました。
ハートがちょっと恥ずかしい〜。

日本に帰ってから、コナコーヒーを淹れて飲むのがとても楽しみ。

ハワイ島 UCCコーヒー焙煎体験 コーヒーベルト

ハワイ島ではUCCで焙煎体験してみてね。
楽しいのでおすすめです。

スタッフのお姉さんも親切で優しい人で楽しく体験できましたよ。

 

店内には飲み比べができるコーヒーがあります。
私たちが訪れた時には、契約農家さんのものとUCC農園でとれたものが置いてありました。

ハワイ島 UCCコーヒー焙煎体験 コーヒーベルト

ハワイ島 UCCコーヒー焙煎体験 コーヒーベルト

帰りにはコーヒーのお土産を購入。

あっ、ハワイ島のフリーペーパーをチェックしておきましょう!
私たちが行った時にはコーヒーアイスが無料になるサービスチケットがありました。

フリーペーパー要チェックですよ〜。

とっても美味しいコーヒーアイスに舌鼓。
タダっていうのも嬉しい〜。

ハワイ島 UCCコーヒー焙煎体験 コーヒーアイス

 

*UESHIMA COFFEE情報

75-5568Mamalahoa Hwy Holualoa,HI96725

Tel:(808)960-1218 日本語でOK

営業時間:9:00am-4:30pm

 

駐車場案内

駐車場はこの案内が目印。
急な坂を下って右側です。

ハワイ島 UCCコーヒー焙煎体験 駐車場

黄色いフラッグが立っているのでそこに止めます。

ハワイ島 UCCコーヒー焙煎体験 駐車場

ハワイ島 ケアウホウ湾でシーカヤック初体験!海中洞窟探検 KING KAYAK HAWAII LLC

ハワイ島 シーカヤック体験 洞窟探検 シュノーケリング

ハワイでシーカヤックを初体験しました。
主人が前々から「やろうよ、やろうよ〜!」と言っていたのですが、
私、水が怖い、海が怖いのでなかなか思い切れなかったのです。

ですが、50歳を超えてからというもの、
このまま色々な楽しみを知らないまま人生を終えてもいいのか?
という思いが出てきました。

 

主人がハワイ島で体験してみたかったシーカヤックで海中洞窟探検ツアー。
思いきってやってみることにしました!!

 

ケアウホウ湾でシーカヤック初体験!海中洞窟探検

ハワイ島 シーカヤック体験 洞窟探検 シュノーケリング

ツアー当日は海も穏やかで天候にも恵まれシーカヤック日和。

私達は初シーカヤックなので、最初はドキドキ。
おまけに、私は泳げないので転覆したらどうしようという心配もありました。

でも、大丈夫。

乗る前にカヤックの乗り方についての説明もしっかりあり、救命胴衣も着用するので安心です。(自分に言い聞かせる!)

そして、何よりもノニさんというガイドさんが素晴らしかった

 

カヤックに乗り込んでいざ出発。
最初はオールの使い方が下手でなかなかうまく進みません。

どうしても右の方へ流れていきます。
右利きだとそうなりやすいみたい。

途中何度か休憩タイムがあり水分を補給します。
休憩の時にはハワイ島の自然や歴史のお話をしてくれました。

まだ、緊張して怖いの半分だったので、よく覚えていませんけど(汗)

そして、慣れないながらもカヤックを進ませた先には、楽しみにしていた海中洞窟(シーケーブ)があります。

 

洞窟の中は海水が白い波を吹き上げており、そのうちつける波は「龍の咆哮」と呼ばれています。

波しぶきをみてると、本当にここに入っていくのかと思うと怖くてドキドキしてきました。

ハワイ島 シーカヤック体験 洞窟探検 シュノーケリング

まずは、ガイドさんが洞窟に侵入する見本を見せてくれます。
岩に当たらないように真ん中を目指して行くように説明されます。

 

ここでは2人乗りの場合、キャプテンと決められた後ろに乗っている人がひとりで操縦します。

キャプテン頑張ってね〜。(主人)

侵入すると、後ろからガイドさんが右バック、左バックなど教えてくれます。

少し右に流されそうになって岩に近づき怖かったけど、ガイドさんの指示通りにすると無事に脱出。

 

正直、ここに侵入するのはかなり怖かったです。

洞窟の中に吸い込まれて行くような感じで、岩にぶつかったら絶対危険!命に関わる感じでした。

 

でも、ガイドさんがちゃんと指示してくれるのでその通りにすれば大丈夫。

スリル満点!とても楽しかったです

 

聞いたところによると、この洞窟の崖の上から飛び込みをする人がいるのだそう。
この日も崖の上に人がいたので、ひょっとしたら飛び込んだのかも。

一年に1人か2人死者が出ると言ってました。怖い、怖い。

命知らずの人もいるもんだ、と思いました。

 

ケアウホウ湾でシュノーケリング初体験

ハワイ島 シーカヤック体験 洞窟探検 シュノーケリング

洞窟探検が終わったら、シュノーケリングスポットに移動します。
2ヶ所あるとのことでしたが、初心者向けのところにお願いしました。

 

私は、シュノーケリングも初体験。
そして、海が怖い。水が怖いというダメダメな人。

ノニさんから、丁寧にシュノーケルの付け方などを教えてもらって海へ入ります。

でも、いざ海に入ろうとしたけど怖くて足がすくみます。
海に入ったら波が怖くて「やっぱりやめる〜」。とガイドさんに泣きつきました

『せっかくのハワイの海だから、私も一緒に入るからやってみましょう』。と言ってくれました。(とても心強い言葉をいただきました)

じゃあ、もう一回頑張ってみる!ということで、再チャレンジ。

一緒に海に入ってくれて、力が入っているから力を抜いて!と親切丁寧に教えてくれました。

ノニさんのおかげで初シュノーケリング、海の中もしっかり見ることができて最高でした。

 

今回お世話になったガイドのノニさんは親切でとても素敵な人でした。
また機会があれば、ノニさんにお願いしたいなぁと思います。

何と言っても日本語ツアーはやっぱり安心。
細かいところが伝わるので心強いですね。

主人は泳ぎも大丈夫。
シュノーケリングも経験があるのでスイスイと楽しそうでした。

途中、休憩タイムに海の上でパイナップルをいただいたのが、これまた甘くて美味しかった。

水は用意してくれているので持っていかなくても大丈夫です。

 

シーカヤック体験の予備知識として

ハワイ島 シーカヤック体験 洞窟探検 シュノーケリング

カヤックに乗るときには帽子は必ず被った方がいいです。
私は、帽子なしで参加したため、顔に直射日光が当たって辛かったです。

サングラスもあった方が良いかな。

日焼け止めはムラなく塗っておくこと。
塗り残したところが赤くなってしまいました。

着替える場所がないので、私たちはレンタカーを置いた場所で着替えました。
女性はワンピースなど簡単に着替えられるようなものにしておいた方が良いです。

私たちは波の穏やかな日だったので酔わなかったですが、酔いやすい人は酔い止めの薬を飲んでおいたほうが良いかもです。

 

*ツアー情報

KING KAYAK HAWAII LLC

TEL:(808)756-1854

KING KAYAK HAWAII LLCのHP